銀行カードローンを利用しよう

銀行カードローンを利用しよう

銀行のカードローンを利用しよう

カードローンを提供する金融機関は大きく分けて、『銀行』と『その他』に分かれます。『その他』には消費者金融系、信販系、IT系などがあり、両者の大きな違いは主に法律面になります。消費者金融業などは貸金業法のもとで運営されるため、金利が高くなり、融資限度額は低めに設定されることが多くなるのです。金利面では消費者金融などの貸金業者の多くが、上限金利を18%程度としているのに対して、銀行では上限金利が15%程度となっています。今は貸金業法が改定されて、その差が詰まっているものの、両者の間にはまだまだ金利に差があるというのが実情です。

 

また、借入限度額も消費者金融とでは300万円前後の開きがあることが多くなっています。さらに、消費者金融など貸金業法のもとで営業をしている金融機関は、年収の3分の1以上の貸し出しを禁止する総量規制が適用されます。総量規制は貸金業法の法律であるため、当然のことながら法律の影響受けない金融機関は適用外になり、年収の3分の1以上の融資を受けることが可能です。つまり、将来的に大きい金額を借りる予定がある場合は、銀行のカードローンを予め選んでおいたほうがメリットがあるというわけです。

 

銀行のカードローンはメリットが多くサービスも充実

経営面に関しても大手金融会社と母体が大きいので、安定度や信頼性は抜群です。何かあった時にも安心できるというのは大きな魅力でしょう。もっとも、メリットが大きい分、貸し出しには慎重になるケースが多いのも事実です。

 

しかし、近年は消費者金融業者を傘下に入れたことにより、サービス面のノウハウを吸収して以前よりも利便性の向上がみられるようになりました。たとえば、即日審査一定期間の無利息サービスを取り扱う銀行も、少しずつですが増えてきています。また、借入や返済時にコンビニのATMが利用できるなど、利用しやすい環境も整ってきています。審査も一定以上の安定した収入があれば複雑な手続きを要せず借りることができますので、まずは銀行のカードローンに申し込みをしたほうが、契約後のメリットが大きくなるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
三菱東京UFJ銀行カードローン オリックス銀行カードローン みずほ銀行カードローン 三井住友銀行カードローン