銀行カードローンを利用しよう


カードローンの金利

カードローンの金利はどれくらいなのか

カードローンで融資を受けるとき、それぞれの金融機関で予め決められた利息があり、これには幅があります。たとえば、3.0%〜18%といったように大きな幅があるケースも存在します。ここで注目してもらいたいのは、3.0%側の小さい数字ではなく、大きいほうの18%という数字です。これを上限金利と言います。

 

一般的にどのカードローンでも、初回で借りるときは、上限金利が適用されます。大体50万円以下であれば、この上限側が適用されるのが普通でしょう。ただ、カードローンの利息は、業者によって微妙に異なるケースはあるものの、一般的に融資額が大きいと利息が低くなり、逆のケースでは利息は大きくなります。

 

こうした利息は金融機関が決めているものですが、ある程度の範囲は利息制限法という法律で定められた上限金利の範囲内で設定しています。そして、それぞれの金融機関によって設定している利息は異なります。こうした利息を知りたい場合は、公式ホームページをチェックする必要があります。

 

銀行と消費者金融の金利の違い

ここで注意しておきたいのは消費者金融、信販会社などと、銀行とでは法律が違うということです。消費者金融は貸金業法、銀行は銀行法になるため、上限金利の扱いが全く異なるのです。多くの消費者金融業の利息が18%程度になっているのに対して、銀行は14%程度になっています。さらに、100万円を借りた場合では消費者金融が15%という数字が多くなるのに対し、銀行では10%から12%、200万円では10%程度が多くなってます。

 

銀行ではさらに低い利息で借りられることもあり、利息面でだけ比較しても、消費者金融よりも大きなメリットがあることが分かります。もちろん、低い利息でお金を借りられるということは、その分審査に時間が掛かったり、チェック基準が上がることは覚悟しなけばなりません。それでも急いでいる状況下でなければ、まずは銀行のカードローンに申し込んでみるのがお得にカードローン利用するコツだと言えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
三菱東京UFJ銀行カードローン オリックス銀行カードローン みずほ銀行カードローン 三井住友銀行カードローン